〜世界の旅情報〜
『CHANGE OUR LIFE&JUST MAKE IT』
コロナインフォメーション

海外旅行はいつから行けるのか? 〜コロナの影響〜

海外旅行はいつから行けるの?

本格的な海外旅行は、2024年から!?

コロナの影響で、
夏休みに海外旅行へ行こうと考えていた方は、本当に残念な結果になってしまいました…。

今回は、そんな海外旅行にいつから行くことができるのか?

ということで、
私見も含めて記事にしています。

現在の海外への渡航は?

渡航が可能な国は、ちらほらと出てきている状況ですが、現在、世界各国で蔓延しているコロナ。

まだまだ日本だけでなく、海外でも感染者の数は増えている状況です。

ですので、
基本的にはどこの国も渡航禁止である。

と捉えて頂いて問題ないです。

先日記載したフランスは渡航が可能ですが、
このような世界状況で海外旅行に行く方はいないでしょう。

入国制限解除でフランス旅行へ!! 現在のフランスの状況なんとフランスが日本を含む13カ国に入国制限を解除しました!! という事で、フランス旅行情報をこちらに記載しています!! 日...

海外旅行に行けるのは2024年!?

国際航空運送協会(IATA)が、
5月の段階で発表したのが、

『本格的な海外旅行、今までと同じように飛行機が海外に飛び始めるのは、大体2023年になるだろう』

と予測していた。

しかしながら、今現在、日本を含め世界各国で第2波、第3波が人々を苦しめ、さらに感染者、死者の増加に繋がっております。

そう言った状況から、
IATAは、7月下旬に新たな予想を発表しました。

『全世界の旅客数が以前の水準に戻るのは、1年遅れて2024年になる見込みである』

少し落胆しそうな情報ですが、
あくまでも目安であり、かつ旅行経済が以前のような水準にまで戻る時期になるので、

その時期までには海外旅行へ行くことができるようになる可能性は高いということです。

本当にそんな長い間海外旅行にいけないの??

今回IATAは、5月に続き、7月にこう言った発表をしましたが、
実際のところ本当に2024年まで水準は以前のようにまで戻らないのか?

私見ではありますが、

『全世界の旅客数が以前の水準に戻るのは、1年遅れて2024年になる見込みである』

という発表に関しては、

本当なのではないかと感じます。

というのもコロナの影響が出るまでの旅客数は非常に多く、コロナなんてなかった或いは知らなかった世の中でした。

それが一転。

コロナの存在に気付き、その対処法として国境封鎖や隔離されるようになり、
コロナの影響でアジア人への偏見も少なからず存在するようになりました。

ですので、海外にコロナ回復後に行きたいという方は今まで以上に減ります。

しかしながら、
海外旅行ができるようになるのは、来年2021年の夏くらいからだと推定します。

あくまでも推定であり、私見でありますが、コロナの影響が出始めて半年。

コロナとの共存が求められる時代になってきているようにも思いますし、少なからず既に渡航ができる国も出てきているという背景から来年2021年の夏くらいから海外旅行に行くことができるのではないかと推測しました。

『参照はこちら』

International air travel won’t return to normal until 2024 top industry body warns

In May, one of the top professional bodies for the airline industry, the International Air Transport Association (IATA), made a prediction that international travel was unlikely to return to pre-virus levels until 2023. However, as ‘second wave’ resurgences of the virus continue to emerge in countries around the world, including Australia, IATA has now said that its first bleak prediction had in fact been too optimistic.

まだまだコロナの影響が続いておりますが、
体調管理を欠かさずに、毎日を過ごしましょう!!