〜世界の旅情報〜
『CHANGE OUR LIFE&JUST MAKE IT』
アジア

シェムリアップの夜 オススメな過ごし方【昼には無い魅力がココにある!】

こんにちは。
COL&JMIのSHOTAです。

皆さんの旅中好きな瞬間はどの様な時でしょうか。

観光をしている時、現地の特産物を食べた時、現地の人と話している時。。。。

十人十色で色々な瞬間があるかと思います。

今回はその中でも日中の観光を終えた後、夜楽しめるお店や、観光場所をご紹介させて頂きます。

また今回、過ごし方をご紹介させて頂く場所は「カンボジア シェムリアップ」です!

なぜカンボジアのシェムリアップかと言うと、前回アンコールワットについて説明させて頂いたからです 笑

・前回ご紹介させて頂いたアンコールワットの周り方

カンボジア 遺跡part1 アンコールワット【人生で1度は訪れたい場所のはず!】こんにちは。 COL&JMIのSHOTAです。 皆さんは遺跡を観光するのが好きですか。 私は、学生時代全く興味があ...

是非カンボジアの昼と夜の充実な過ごし方をマスターして下さい!

栄えている場所は

皆さんはどこがシェムリアップの繁華街か、ご存知でしょうか?

実は「パブストリート」と言う場所一択なんです! 笑

パブストリートにはレストランやバーが道沿いに多く並んでます。

またパブストリートを突き進むと、「オールドマーケット」と言う市場に行くことが出来ます。

夜は主にこの2つのスポットで、楽しんで頂くのが良いかと思います。

※郊外に出ると全然栄えていないからです 笑

場所はアンコールワットの南に車(トゥクトゥク)で約15分程です。

また周辺にはパークハイアットなどの高級ホテルから、お手頃のホテルもありますのでシェムリアップ滞在時は、このパブストリート周辺での宿泊を強くお勧めします!

それでは、パブストリートとオールドマーケットについてご紹介させて頂きます!

随一の繁華街 パブストリート

まず繁華街と聞くと、「如何わしいお店があったりするのでは?」と感じる方もいるかとは思います。

しかし、こちらのパブストリートには東南アジア独特の怪しい雰囲気はございません。

バンコクなどの様な繁華街に比べて、大きく無いって言うのも理由の一つかもしれませんが 笑

歩いている方を見渡すと女性の方だけで、観光している人はいます。

その為、繁華街=危険と言うイメージは払拭して頂いても良いかと思います。

【注意点】
スリには気を付けて下さい。

またパブストリートには前述した通り、多くのレストランやバーがあります。

だいたいのレストランでは、フード(クメール料理など)は高くても約5ドル(約500円)でビールは約0.5ドル(約50円)で召し上がって頂けます。

※クメール料理はカンボジアの伝統料理です。

味に関しましては、ストリートにいる方のほとんどが観光客の為、癖のない味付けになってますのでご安心を!(個人的には全体的にまろやかな味に感じました。)

そんなパブストリートで外せない場所をお伝えさせて頂きます!

【レッドピアノ】
こちらはパブストリートを代表するバーです。

何故こちらのバーが有名かと申しますとあの有名ハリウッドスターであるアンジェリーナ・ジョリーが常連だったからです!

映画「トゥームレイダー」の撮影時、通っていたそうです。

そんな彼女が好んで注文していたお酒が「トゥームレイダー 」です 笑

こちらは映画に因んで、この様な名前を付けられたとか。。。

多分世界でも、堪能出来るのはココだけかと思いますので是非お試しを!

価格は3.75ドル(約400円)程と、ビールに比べると少し高く感じますが、味はライムジュースとトニックウォーターで割っている為とても飲みやすいです!

※アルコールはホワイトリキュールです。

是非、食の面でもシェムリアップの名物を堪能してみて下さい。

東南アジアに行ったら外せない オールドマーケット

東南アジアに行った際に外せない事。。。
それはマーケットに行く事です!

こちらのオールドマーケットの魅力はやはりパブストリートから徒歩ですぐって所です!

基本的なお土産(衣類、置物、シルクなど)は一通り揃っています。

また地元の人が買いに来る様な八百屋?みたいな場所もあるのでローカル感を味わえるのも特徴です。

なお、夜にマーケットを訪れるのをお勧めした理由は日中はとにかく暑いからです!

カンボジアの気温は通年30度以上ある為、炎天下の中での買い物は本当に大変です。

その為、シェムリアップでは昼間は遺跡などの観光に時間を費やし、夜じっくり買い物をする事を、強くお勧めします!

ここでカンボジアのナイトマーケットに行く際の、注意事項をお伝えさせて頂きます!

注意事項

・基本支払いはドル
但しお釣りはカンボジアのお金リエルで返って来る事が多いです 笑

リエルを消費する場所があまり無いので、お釣りが出ない様に1ドル札を沢山持って行きましょう!

・値段交渉は徹底的に
もちろん値段は交渉です。
最低2回は値下げ交渉をしてみて下さい。

そして3回目に提示される金額で、判断するのが良いかと思います。

参考までに、私はT-シャツ4枚を800円で購入しました。

※数買って、交渉するのも手です!

是非マーケットでの買い物や探索を、楽しんでみて下さい。

まとめ

如何でしたでしょうか。

シェムリアップでも、夜は中々楽しめる事がお分かりになって頂けたかと思います。

(大きな都市では無いので、4〜5日間ぐらいがベストな旅行期間かとは思いますが 笑)

観光以外にも、旅先を楽しむ方法は沢山あるかと思います。

是非、旅先ではやり残しが無いよう満喫して下さい!

お問い合わせはこちらから!

ご質問・ご相談の際は、こちらからお問い合わせくださいませ!






    [contact-form-7 id="636" title="コンタクトフォーム 1"]