〜世界の旅情報〜
『CHANGE OUR LIFE&JUST MAKE IT』
コロナインフォメーション

【現地人が語る】 世界を震撼させるコロナの影響は如何に? 〜ポーランド〜

こんにちは!

COL&JMIのISSEYです!

本日も昨日に引き続き、海外の『コロナ』に関しての情報です!

こちらのコンテンツは、世界各国はコロナによってどのような影響を受けたか情報を発信させて頂いております。

第8回目は、昨日に引き続きヨーロッパの『ポーランド』です。

また今回は『ポーランド人のAgnieszkaさん(アガさん)』にご協力頂いております。

彼女は3月まで日本に留学をしており、当初私達が7月7日にポーランドへ出発予定であった為、旅の準備を手伝って頂きました。

そんな心優しい彼女に現在のポーランドの状況について、連絡を頂戴しましたので是非ご確認下さい!

.
.

◆ポーランドの現状

ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
今現在のポーランドの現状は?
5月18日時点でのポーランドの状況は【感染者数 18746人 死亡者数 929人 回復者和 7628人】となります。新たな感染者は217人(そのうち163人はシレシア地方)と減っていないけど、導入していた規制が段階的に緩和されています。また今は、割と自由に外出できるようになった。前は、公園や森への立ち入り禁止、未成年は成人の監督なしで移動できないなどという制限もあった。現在は、公園や森を散歩もできますし、13歳以上の未成年は成人の監督なしでも移動できるようになった。その他に、今日からホテル、美容院やレストランが制限付きで営業再開した。この前、大型ショッピングモールも再開した。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
日本も段階的に制限が解かれて来ていますので、まだ安堵するのは早いですが、このまま収まって行くと良いですね。制限とかは、今はあまりない感じですか?
まだマスク無しでは外出出来ないし(マスクないと罰金ある、500PLNくらい→¥12 000くらい)、買い物している時も手袋しないといけない。また国境の閉鎖が続いている。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
マスクをつけていない場合の罰金は、とても高いですね!


↑デパートの前のエスカレーター。階段しか使えない。

◆現地・現地の人々の様子

ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
現地の人の様子はどんな感じ?
地域によって違うと思うけど、前より少し落ち着いてきた気がします。3月頃は、人々がパニックになっていた感じがします。(物を大量に買ったりしてました。)今は、なるべく外出しないようにしている人が多いけど、人々がパニックになっている状態ではないと思う。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
日本も全く同じ様な事がありました。(マスク、トイレットペーパーの大量買い。)やはり世界カ国の人々全員が「不安・怖い」と思ったんですね。


↑コロナの貼り紙。

◆金銭面は?

ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
現地生活での金銭面は?
不景気になりました。正社員なら、在宅勤務できる人は在宅勤務しています。またレストランやデパートが休業になったから、バイトが出来るところもなくなった。オンラインでバイトが出来れば(例えば家庭教師)、オンラインでバイトをしています。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
なるほど。これはしばらくはワーキングホリデーにも影響が出そうだね。失業された方も、多かったりするの?
コロナのせいで失業した人は多いです。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
やはりどこも同じ状況なんだね。


↑ワルシャワでの集合場所(東京のハチ公みたいな場所)。

 

◆コロナが終息してどのようになっていきそうか

ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
収束した後、どうなって行くと思う?
コロナがいつ終息するのかわからないけど、終息してすぐ元の状態に戻れるのは難しいと思う。しばらく制限付きの生活が続いていくかなと思う。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
確かに二次感染を引き起こさない様、制限はありそうだね。

◆個人的な意見・見解

ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
個人的な意見はありますか?
制限付きの生活に対して、疲れてきた人も多いと思う。私も大学が閉校になって、卒業できる時期も延期になりました。とても不安で、なるべく早く元の生活に戻って欲しいです。だけど、命を守ることは大事だとも思ってます。なので課題としては、元の生活に戻る中で、どこまで制限を付けたらいいのか分からないので明確にするべきだと思います。またコロナにかからなくても、失業してお金がない人が多くなると思う。韓国のように、早いうちに大量のコロナウイルスを検査すれば良かったかなとも思います。
女性
女性
ISSEY SEKIZAWA
ISSEY SEKIZAWA
制限のある生活は本当に疲れるよね。改めて『自由』って素晴らしいと、私も思いました。早くこの困難を乗り越えて、元の生活が訪れる事を願ってます!


↑バスの中。紙が貼ってある席には座れない、あと運転手さんに近づくのは禁止。
.
.
今回はポーランドの状況に関してインタビューしましたが、混乱に陥ったヨーロッパも少しずつ回復してきている様ですね。

また感じる事も一緒の様ですね。
『元の生活に戻りたい。。。』
.
この現状に疲れている人は日本だけでなく
世界中の人全員だと思います。

苦しくて大変ではありますが、早く収束する為に各個人が小さな努力をしていけたら良いですね。
.

また、私達もコロナが収束し準備が整ったら、ポーランドへ向けて出発します。

その際は、明るくて楽しいポーランドに行きたくなる様な情報をお届けしますので、首を長くして待っていて下さい!


何かご質問やこんな記事を書いて欲しいとご要望がございましたら、是非ご連絡下さい!
.

お問い合わせはこちらから!

記事に関してのご質問はこちらからお願いします!!






    [contact-form-7 id="636" title="コンタクトフォーム 1"]